オメガ3系脂肪酸は何から摂取できるの?

オメガ3系脂肪酸は何から摂取できるの?

人間は脂質をとらないと生きていけない生物ですが、その中でも現代人に不足しがちなのがオメガ3系脂肪酸です。このオメガ3系脂肪酸を摂取する事で心臓や脳の病気を予防したり、アレルギー反応を抑制したりできるんですね。

不足しているオメガ3系脂肪酸はどうやって補ったら良いのか、その方法を解説したいと思います。

オメガ3系脂肪酸が摂取できる食べ物

  • DHA・EPA…青魚・甲殻類・魚卵など
  • αリノレン酸(ALA)…緑黄色野菜・ナッツ類・アマニ油・えごま油など

オメガ3脂肪酸は、肉やサラダ油とは違う種類の脂肪酸です。魚や緑黄色野菜、ナッツやアマニ油など、限られた食材からしか摂取できないので不足しがちになるんですね。

オメガ3系脂肪酸が不足するとアレルギーが起こりがちになったり、心臓や脳の病気にかかるリスクが高くなります。そうならないためには、オメガ3系脂肪酸が多く含まれた食材を、アマニ油やえごま油で調理して食べるのが良いですね。

ただ、オメガ3系脂肪酸は熱に弱いので火を使う料理には向きません。食材は生のまま、油はドレッシングなどに使うしか方法が無いんですね。

また、肉やサラダ油などのオメガ6脂肪酸が多すぎると脂肪酸のバランスが崩れ、オメガ3系脂肪酸の効果が発揮できなくなってしまいます。肉の食べ過ぎや油の使いすぎにも注意するようにしましょう。

オメガ3系脂肪酸はサプリメントで摂取すると楽

ここまでどうやったらオメガ3系脂肪酸を摂取できるのか説明しましたが、食事で十分な量を食べるは難しいのが現実です。

毎日、緑黄色野菜や魚を買って調理できる時間がある人はそうそういませんよね。オメガ3系脂肪酸はまとめて摂取するよりも毎日摂る事が大切なので、手軽に摂取できないと意味がありません。

そこで便利なのが、オメガ3系脂肪酸のサプリメントです。近年人気なのが魚由来のDHA・EPAのサプリメントですね。毎日飲むだけでオメガ3系脂肪酸が補えるのでかなり便利なんです。

オメガ3系脂肪酸の含有量の多いサプリを選ぼう

オメガ3系脂肪酸は摂取の量が大切です。さきほど説明したとおり、オメガ6系脂肪酸とバランスをとることが重要なので、量が少ないと効果が無いんですね。

なのでサプリメントを選ぶなら、DHA・EPAの合計量の多いものを選ぶのがベストです。サプリメントと合わせて、アマニ油などを使っても良いですね。毎日オメガ3系脂肪酸を摂取して将来の病気のリスクに備えましょう。