オメガ3脂肪酸は、植物油に含まれているα-リノレン酸や、魚油に含有をするEPAやDHAといった、脂肪酸の総称です。健康のためにも摂取をしたい必須脂肪酸として、栄養学でも知られるようになってきました。

参考ページ:「オメガ3脂肪酸の働きをやさしく解説します | DHA・EPAサプリ委員会

でも毎日魚料理を食べたり、植物油をしっかりと摂り入れる食生活というのは、意外と簡単ではありません。そこで利用をしたいのが、オメガ3脂肪酸のサプリメントでの摂取です。

最大のメリットは、食事に頼りきらなくてもいいということでしょう。

錠剤は敬也位ができますので、バッグの中にピルケースに入れて持ち歩くこともできますし、飲むだけの方法でオメガ3脂肪酸を、手軽に摂取できます。

それに1日あたりの必要となる量も、簡単に摂取をすることができるのも、サプリメントからの摂取のメリットになります。

魚料理であったら、どれほどの魚を食べればいいのかを、気にする必用もありません。どのような食材に、一体どれほどのオメガ3脂肪酸が含まれているのかを、いちいち調べなくても良くなります。

現代人は非常に忙しい毎日を送っていますので、その中で必要な栄養を摂取できる方法としては、サプリメントは素敵なアイテムになります。そんなオメガ3脂肪酸は、サプリメントで摂取をしても、受け取る効果は、魚や植物油と変わりはありません。

オメガ3脂肪酸の成分を摂取することによって、人間の健康には様々な良い結果をもたらすことになります。働き盛りから中高年以降の人には、気になって仕方のない、コレステロールや中性脂肪を下げる効果もあります。

メタボリックシンドロームを予防することにもなりますし、肝臓の病気や高脂血症を予防することにもなります。心筋梗塞や動脈硬化の予防にもなりますし、関節炎の痛みを緩和する作用もあります。

それに頭脳面にも効果を発揮しますので、記憶力も高まりますし、脳機能が活性化されますので、学習能力は格段に高くなっていきます。アレルギー抑制にも、効果があると言われます。

DHA・EPAで血管年齢を若く保つ

DHAが不足した食生活を続けていると、次第に血流がドロドロに変化して、血管に過度な圧力が加わるようになります。

この影響で動脈硬化が進み、次第には血管年齢を老化させて、生活習慣病の問題として表面化します。

これらの問題は努力次第で十分に解決できることですから、対策は早い段階から行って、症状を悪化させないことが大切です。

DHAは不飽和脂肪酸に分類され、青魚の油に多く含まれることが特に有名です。この油は冷えても固まることがなく、常にサラサラとした状態を保っていますが、血流を保つために役立つ要素です。

逆に主菜が肉類ばかりの食事になっている場合には、脂質やコレステロールが多い状態になるため、血中の中性脂肪の数値も高くなりやすくなります。昔の和食の基本を学びながら、一汁三菜の構成に現代的な知恵も加えて、低脂肪で高タンパクな食事にすることもおすすめです。

昔から日本人は近海で水揚げされる魚をタンパク源にして、大豆食品も多く食べていたため、血管年齢を無意識のうちに保っていました。

ところが、現代では飽食の影響もあって、血管年齢を老化させている人が増えています。

食文化の多様化の影響で、従来よりも魚の消費量が減少したことが原因ですが、実際に毎日のように刺し身や焼き魚を食べることは大変です。

若い世代では脂肪分が多い肉料理に偏ってしまいやすいのですが、最近ではDHAのサプリメントが出回っているため、解決法は多彩になっています。

DHAと一緒にEPAも不足しないようにすれば、血流を促進させるための相乗効果が働いて、血管年齢の若返りが進みます。

EPAとDHAはよく似た働きをする成分ですが、どちらも不足させては困ったことになるため、意識的に摂取することが大切です。

サプリメントの力を借りながら、普段の食事では品目数が豊富な献立にすれば、栄養の偏りがなくなります。生の状態の刺身で食べることが理想ですが、鰹節や煮魚の缶詰も利用していれば、効率よく吸収できます。